一年間のギフトについて思うこと ☆1★

人への贈り物「ギフト」。これは人と人とのつながりの中で、大切な役割をはたすものである。送るシーンについても様々である。私自身一年を考えると、「お年賀」「バレンタイン」「ホワイトデー」「母の日・父の日」「誕生日」「クリスマス」「お中元」「お歳暮」「クリスマス」「記念日」「お礼」「お詫び」「お土産」・・・と季節とTPOをわきまえて選んでいる。一般的に想像するのは“モノ”のギフト。相手を思いやる気持ちで品物を選んでゆく。この中で大切なのは、相手の生活スタイルを考えること。自分が共感できるような志向であれば問題ないが、少し違和感を感じる場合は苦難することになるため、お店の人など他人の意見を参考に選んでいくことになる。もう一つ「ギフト」として思い立つのは、“言葉”である。相手のことを想像して一番ぴったりくる言葉を探りだし、自分の気持ちを添えてメッセージとする作業。

大阪の岸菜税理士事務所

刺身こんにゃく

東京都 漢方薬

町田にある歯科医院

給湯器交換のための工事はどのくらい必要でしょうか?